スポンサード リンク

伊勢神宮  すべての神社の頂点に立つ日本神霊界の要

神社

伊勢神宮は一の宮とは呼びません。すべての神社の頂点に立つ存在です。効果的な伊勢神宮へのお参りの方法ですが、伊勢には内宮と外宮の二つの宮があり、少し離れています。ぜひ、外宮、内宮で、両方ともご祈祷を受けて、内宮では式年遷宮に寄進して、御垣内参拝(みかきうちさんぱい)を体験してください。伝統的には、先に外宮からお参りします。内宮の御垣内が、日本最高のパワースポットです。御垣内に入るには、式年遷宮の寄進を小額でも行う必要があります。また、正装(背広やスーツ)でないと御垣内には足を踏み入れることができない決まりです。スーツかそれに準じる服装で行ってください。外宮は衣食住を整えてくださる神様で、内宮は、人生の次元を上げてくださる神様です。

内宮と外宮それぞれの働き

内宮のほうでは人生の路線変更、位上げ、方向転換など、大きな開運が叶います。ご祈祷は、五千円から受けられます。先に外宮で、日常のこまごまとしたお願いをすませ、内宮では人生全般のテーマ、魂のテーマ、日本国の行く末のことを祈るのがベストです。もちろん両方で同じように祈っても良いです。が、細かく分ければ上記のような分類になります。伊勢でご祈祷を受けたら、結果がでるのに半年から一年かかります。大きな角度で動かれる神様なので、結果が出るのにも時間がかかります。この点が月単位で結果がでる一の宮クラスとの違いです。精神の光明を与える神様なので、心が暗い、落ち込む、やる気が出ない、そんな人にはぜひ、お参りしていただきたいです。 地元の一の宮に参拝するに先立ち、やはり、伊勢で正式にご祈祷を受けておくとよいでしょう。
一の宮、パワースポットの真実

伊勢神宮記事一覧

伊勢神宮は世界最高のパワースポットですが、その中でもパワーの極点ともいうべき最高神域があります。それが御垣内と呼ばれる区域です。ここは、通常の参拝をする賽銭箱がある正殿前の場所のさらに奥であり、本殿のすぐ正面の玉垣のある場所です。皇室の方々や内閣総理大臣などの身分も責任もある重職の方々は毎回、ここで参拝をされています。ここへ入らせていただくためには、どうすればよいのでしょうか。それにはまず、式年遷...

伊勢神宮は日本一のパワースポットです。日本一ということは伊勢神宮のパワースポットは世界一と考えてよいでしょう。なぜなら、日本ほどパワースポットが豊富に存在する国は世界に類がないからです。伊勢神宮のパワースポットの効果というのは、人生の流れそのものが激変してしまうほどの大きなものであるといわれています。このパワースポットの本当の力を受け取ると、その人の人生の路線が変わるともいわれています。体験者の話...

伊勢神宮は日本で最高のパワースポットです。伊勢神宮は内宮と外宮の二箇所ありますが、本来の伊勢神宮とは内宮のことです。内宮には皇室の祖先神であり、日本民族の守護神でもある天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祭祀されています。皇室の祖先神であるために、皇室の人々の崇敬が厚く、天皇陛下や皇族の人々も伊勢神宮にはしばしば参拝されています。政財界の崇敬も厚く、松下幸之助さんも伊勢神宮を崇敬されて、崇敬会会長...

伊勢神宮におまいりしたら、正殿の前でお賽銭をいれて二礼二拍手して終わる人がいますが、これは非常にもったいないおまいりのやり方であるといえます。もっとも伊勢のパワースポットとしての効果をしっかりとたくさんに受け取るには、伊勢神宮におまいりしたら、ご祈祷を受けることが重要です。ふつうの神社では、五千円ぐらいからご祈祷を受けられますが伊勢でも同じです。しかし、伊勢神宮に毎月のようにこれる人は別として、普...

庶民の感覚としては、有名な神社はご利益が多いのだと思い込みがちです。たくさんの人がお参りにくる有名な神社には、いっそう人が集まるのは自然なことかもしれません。しかし、霊妙不可思議な開運の力というのは、ちょっとしたことで穢れ、邪気に侵されます。邪気が紊乱してくると、邪気が邪気を呼び、神域はどんどん汚れていきます。汚れた神域に入ると、感覚が鋭敏な人の場合、ざわざわした感覚、がやがやした落ち着かない感じ...

伊勢神宮には、内宮、外宮があるのが有名です内宮には天照大御神さま、外宮には、豊受大御神さまがお祭りされています。内宮に、ご神体としてお祭りされているのが、三種の神器の一つ、ヤタノ鏡です。天照大御神さまというのは、太陽の世界、いわゆる太陽神界をつかさどるという神様ですが、日本の皇室は、この神様の子孫と伝承されています。祖先をたどると神様にいきつくという伝承は、ゲルマン民族などにもみられます。キリスト...

二月十一日は建国記念日です。神武天皇が第一代の天皇として即位された日が、この建国記念日なのです。もちろん伝承にもとづいたものです。しかし、このような神話にちなんだ建国記念日は、世界中の国の中でも数少ないものであり貴重です。神話の時代の祭祀王の子孫が現代の世まで連綿と継続されている国は、他にありません。本当に日本という国は、あらゆる意味で特殊です。なぜ、このような特殊な国が存続しているのか。そこに神...

平成28年4月3日に神武天皇二千六百年大祭が奈良の橿原神宮で斎行されました。皇位継承の不文律を知っていますか?中学受験の参考書でも、登場する最初の天皇は雄略天皇です。第21代の天皇です。その次は、推古天皇でこちらは第33代の天皇です。聖徳太子の実在までは否定できないので、さすがに詳細な記述があります。古事記、日本書紀の説明のところでは、この参考書には「神武天皇はもちろん実在の天皇ではない」と断言し...

伊勢神宮にお参りしたら、まずは日本の国の平和と安全が守られるようにお祈りしたいものです。伊勢は平和の神なのです。かつて、昭和天皇様は戦時中に伊勢神宮で先勝祈願をされたことを悔いておられました。先勝祈願ではなく平和祈願をしたかったのがご本心でありましょう。もし、平和祈願として行っていたら、日本は平和裏に戦争終結をやりとげていたのかもしれません。相手に勝つことを祈る場合は、やさしい愛の思いで祈ることが...

日本神話を子供に学ばせるにはどんな方法があるのでしょうか。日本の神話は、世界に誇る日本文化のひとつです。これを子供達に伝えていくことは大人の責任でもあります。日本神話については、出雲井晶さんなど、多くの作家が良書を出されています。しかし、子供が読んで勉強になるような作品はなかなか少ない現状です。そこで、今回は、希少な本をご紹介します。「子供寺子屋 親子で学ぶ偉人伝」という本です。子供寺子屋 親子で...

伊勢神宮は全国から参拝者がやってくる聖地です。伊勢神宮を効率よく参拝するには、伊勢神宮の駐車場の満車になるタイミングをうまく避ける必要があります。伊勢神宮に車で出かけたとき、外宮も内宮も参拝するには、どうしたら、効率的か。本来の作法は、外宮に先に参拝して、それから内宮に参拝するのが慣習です。それは衣食住の神である外宮で祈り、この世のあかを落として、内宮では国家と皇室の安泰を祈るためとされています。...

伊勢神宮のご祈祷料はどのランクで申し込めばよいのでしょうか。伊勢神宮のご祈祷は五千円から受けられます。ご祈祷には五千円より上のものもあり、三十万円の大神楽もあります。庶民から富豪までそれぞれの経済力に応じて伊勢に寄進するという公平な仕組みです。お金持ちさんは、三十万円の大神楽奉納を申し込むのですね。私達庶民はまずは五千円からですが、御札の形を見ればわかるように、八千円のご祈祷が本来の基準であると考...

日本はギネスブックにも認定された世界最古の国です。日本の建国は、神話上2676年前です。今年は皇紀2676年です。皇紀とは、初代の天皇である神武天皇が即位した時から数えています。今から2676年前の2月11日に奈良の橿原というところで、即位の儀式が行われたと伝わっています。この皇室の歴史とつねに共にあったのが神道です。神道は和を重んじ、戦いを嫌う平和思想を基礎にしています。聖徳太子が十七条拳法の中...

伊勢神宮には皇祖神である天照大御神様がお祭りされています。この神様から出たのが日本の皇室ですが、実際にはそのご両親である神様がイザナギ、イザナミの夫婦神であり、その子がアマテラスとスサノオです。この姉弟神が夫婦となり、生まれたのが天孫ニニギノミコトであり、その子孫が神武天皇なのです。日本の皇室は、初代の神武天皇から始まり、125代にわたり、男系継承されてきました。この仕組みは、天皇のお父様のお父様...

伊勢神宮の式年遷宮は、二十年ごとに社殿一式をすべて建て直します。このような形式は他の国ではみられない独自のものです。外国人は伊勢神宮の建築が千数百年も前のものであると聞いても、それを理解できない人がいるそうです。外国人からみると、二十年に一度、建て直すという意味がよくわからないのです。正倉院には、伊勢神宮の遷宮の寸法書きが残っているそうですが、その内容は現在の寸法と同じです。千数百年のあいだ、同じ...

伊勢神宮は伊勢志摩サミットの影響もあり世界から注目されるようになりました。20年に一度、すべての建物や宝具を新しく作り直す伊勢神宮に独特の式年遷宮。伊勢神宮に観光にきた外国人は式年遷宮が千年以上も継続されていることに驚きます。伊勢神宮は、日本最高の聖地であり、日本人なら誰でも生涯に一度は、お参りしたいパワースポットです。伊勢神宮は、その由来は日本の国を守る神様で日本国民を守る神様です。今、北朝鮮に...

神社で、正しい方法で真剣に祈ってからおみくじを引くと、そこには神霊からのメッセージがこめられています。こういう神霊とのコミュニケーションに際しては、どんな神社で行うかにより正邪がわかれます。占い師にもらう御託宣は、相談者の心を傷つけるようなひどいものもあるものです。その点、神社では、自分の真剣な祈りに対しておみくじにこめられたメッセージは、納得できるものが多いようです。神社でひいたおみくじは、木に...

伊勢神宮で祈るときに大事なことは、気持ちを新たに祈ることです。自分が新しい次元にステップアップするときに、大事なことがあります。それは一度、徹底的に自己否定して、過去の自分のあり方を否定していくことが必要なのです。肯定思考などといって現状肯定をしていると、大きなレベルアップはできないのです。甘んじている限り、現状を脱出できません。自分の愚かさ、至らなさ、傲慢さ、怠け心、我欲、そういった部分を厳しく...

神道では勇猛心が肝腎。神道の基本精神は明るく積極的です。浄、明、正、直といいますが、明るくてまっすぐで前向きなのです。神道ではあまり罪がどうのと言いません。キリスト教などでは原罪など、罪の概念が強いですが、神道は人間は罪の子でなく、喜びの子です。なので、罪が積み重なれば、みそぎばらいして、清めることで精算します。払い清めるのです。6月末と12月末に、人形(ひとがた)に息を吹きかけて罪をそこに移し、...

シルバーバーチの語るところによると、霊界には、天国界からその上の神の世界を頂点にした、巨大な組織があるそうです。それは宇宙創造の絶対神にまでつながっている組織であって、創造主から複数の神霊、大天使、天使団そして、高次の世界に住まう高級霊、さらに守護霊団という末端の組織までいたります。その活動は、霊界における諸霊の救済活動から、地上世界への霊的な干渉による地上天国の実現まで、実にさまざまな分野での活...


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。