スポンサード リンク

伊勢神宮で日本と世界の平和を祈る

伊勢神宮にお参りしたら、まずは日本の国の平和と安全が守られるようにお祈りしたいものです。伊勢は平和の神なのです。かつて、昭和天皇様は戦時中に伊勢神宮で先勝祈願をされたことを悔いておられました。先勝祈願ではなく平和祈願をしたかったのがご本心でありましょう。もし、平和祈願として行っていたら、日本は平和裏に戦争終結をやりとげていたのかもしれません。相手に勝つことを祈る場合は、やさしい愛の思いで祈ることが難しくなります。平和や調和を祈るなら、心が温かくなります。いまだに、日本国民が100人以上も北朝鮮に拉致されたままになっていることを私達は忘れてはなりません。尖閣諸島は日本が開拓した海域であり、日本国民のものです。台湾の高齢の女性で日本語がきれいな人は多いです。蛍の光の歌詞には『千島の国も台湾も八州の国の国土なり』とあります。日本は国としての本当の力を取り戻し、日本の国民を守ることが必要です。竹島がとられていたり、北方領土がとられている今こそ、伊勢で平和の祈りを捧げて天地神明に動いて頂くことが大切となります。また世界にいまだはびこる戦乱も平和裏に鎮めて頂けるように祈りたいですね。
一の宮、パワースポットの真実


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。