スポンサード リンク

パワースポットの開運力を本当に引き出す秘密

神社で、正しい方法で真剣に祈ってからおみくじを引くと、そこには神霊からのメッセージがこめられています。こういう神霊とのコミュニケーションに際しては、どんな神社で行うかにより正邪がわかれます。占い師にもらう御託宣は、相談者の心を傷つけるようなひどいものもあるものです。その点、神社では、自分の真剣な祈りに対しておみくじにこめられたメッセージは、納得できるものが多いようです。神社でひいたおみくじは、木に結ぶよりも持ち帰り、よく内容を解読するようにしましょう。例え、悪い卦でも、その中には重要な教えが込められていることが多く、気をつけて行動することで、災いを回避できることも多いのです。ですから、持ち帰ってノートにはっておきましょう。

おみくじは、正しく活用すると大きな開運効果が

神社の神域の中で引くおみくじは、もっとも信頼性の高い占いともいえるでしょう。神社を選ぶ際には、すがすがしさを感じられる神社を選びましょう。ノーベル生理学・医学賞を受賞したアレクシス・カレル(1873〜1944)はベストセラー「人間 この未知なるもの」の著者として有名です。1902年、カレルは巡礼団付き添い医師として、聖地ルルドに旅行します。重症の結核性腹膜炎の少女、マリ・バイイが、ルルドの聖水を浴びたことでその症状が急速に回復する現象を目の当たりにします。このルルドの奇跡を事例をフランスの医学会で発表しますが、非科学的との批判にさらされてしまいます。しかし、カレルは「人間は無限の可能性を秘めた、崇高な存在である」との信念を捨てませんでした。信仰と科学を完全に分けることは難しいのです。それは最新の物理学を追求すればするほど、人間の意識の働きを無視することができなくなっているからです。

心の働きが健康に大きな影響を与えるこ

心身相関は無視できない事実になってきていますし、成功哲学においては、人生の開運といったテーマにも心の働きの作用を認めています。神道では、水には水の神が、土には土の神が、火には火の神が、風には風の神が…というように、あらゆる自然界の事象に神の意識の表れを感じ取ってきました。これを感じられる人間と、感じられない人間の二種類が存在するようです。
究極のパワースポット活用法
セラピー
パワースポット秘伝集の最終奥義


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。