スポンサード リンク

伊勢では、祈祷とお神楽があります

伊勢神宮におまいりしたら、正殿の前でお賽銭をいれて二礼二拍手して終わる人がいますが、これは非常にもったいないおまいりのやり方であるといえます。もっとも伊勢のパワースポットとしての効果をしっかりとたくさんに受け取るには、伊勢神宮におまいりしたら、ご祈祷を受けることが重要です。ふつうの神社では、五千円ぐらいからご祈祷を受けられますが伊勢でも同じです。しかし、伊勢神宮に毎月のようにこれる人は別として、普通の人は、ご祈祷なら、八千円のご祈祷を受けておかれることをおすすめします。その理由は、八千円からはじめて長方形の安定した御札がいただけるからです。五千円の御札は、倒れやすい五角形の御札で、神棚にお祭りする場合も八千円の御札が安定します。しかし、もし、あなたが三年に一度ぐらいしか伊勢にこれないという場合や、あなたが経営者など収入が多い人であるならば、祈祷よりお神楽をおすすめします。お神楽は、一万五千円から申し込めます。お神楽奉納は、祈祷の部屋とは別の部屋で行われます。伊勢でのお神楽は、特別大大神楽ともなれば、30万円です。しかし、普通の式階の場合は、一万五千円で申し込みできます。

内宮と外宮と、それぞれで申し込みする

時間の制約がある場合は、内宮を優先しましょう。参拝の服装は、カジュアルではいけません。ある程度、きちんとしましょう。御垣内参拝の場合は、結婚式の招待者側の服装が基本のドレスコードですが、祈祷や神楽の場合、そこまでは要求されません。祈祷や神楽の最中は、受ける人は熱心に心の中で祈りごとを申し上げて、神様と対話しましょう。ぼーっとして受けるのではなく、むしろ必死に願い事について祈りながら受けるのが理想的です。
一の宮、パワースポットの真実


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。