スポンサード リンク

行かないほうがよい一の宮

神社

庶民の感覚としては、有名な神社はご利益が多いのだと思い込みがちです。たくさんの人がお参りにくる有名な神社には、いっそう人が集まるのは自然なことかもしれません。しかし、霊妙不可思議な開運の力というのは、ちょっとしたことで穢れ、邪気に侵されます。邪気が紊乱してくると、邪気が邪気を呼び、神域はどんどん汚れていきます。汚れた神域に入ると、感覚が鋭敏な人の場合、ざわざわした感覚、がやがやした落ち着かない感じ、やけに明るいが、それが嘘っぽいという不自然な明るさを感じ、少しいらいらしたり、せっかちになる、不思議な感性の不安定さを感じるものです。つまり、本物がもつ清涼、清明、清真がないのです。どのような一の宮が汚れてきているのか、それを推し量る基準は、神社の運営を観察すると、わかります。

神社が穢れで汚染してしまう状態とは?

たとえば、境内に賃貸マンションを経営しているとか、駐車場や結婚式場の経営に熱心、神職が政治活動に力を入れている、伝統的な儀式を簡略化し、伝統を捻じ曲げる。こういったことを熱心にしている神社はたとえ、一の宮であっても参拝は避けたほうがよいでしょう。そこでいくら熱誠の祈願をしても応えるご祭神様はすでにいなくなっている可能性が高いです。空き巣のようになった神社に、別物が住み着くようになるのは自然な流れです。そうはいっても、あまりこうした分野に詳しくない人が、行って良い神社と、行かないほうが良い神社を自分で見分けるのは困難です。かといって、スピリチュアルカウンセラーや、氏神鑑定士、産土鑑定士と名乗る霊能者の多くは、ある種の邪霊界の憑依を受けた者も多く、近寄ることは危険でさえあります。では、どうしたら良いのか。行かないほうが良い一の宮やパワースポットについて秘伝を明かす、この教材で、世間には公開されていない秘密をすべて入手することができます。
パワースポット
パワースポット完全活用マニュアル


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。