スポンサード リンク

多賀大社は夫婦円満にし家庭を守り家族を守る神

催眠

日本文化を保護し、子孫に伝承していきたいものです。日本文化を滅ぼしたいかのような夫婦別姓容認をおしすすめ、家族を破壊しようとしている人々がいます。夫婦別姓とは、言い換えれば、親子別姓です。そして、これは中韓の文化であり、日本では受け入れられるべきものではありません。日本の伝統を破壊して、中韓の方式を取り入れるとはどうしたことでしょうか?なぜ、このような国益に反する行為を平気でやるのでしょうか。心ある日本国民はもっと怒りをもってこれに対処すべきだとも思います。夫婦別姓の破壊の本当の目的は、皇室の破壊であると言われています。家の概念を破壊することで、皇室の存在意義を消滅させようとの悪だくみです。皇室が日本文化の根源であり、中枢であることは自明の理です。私達が祖先から受け継いだこの日本の伝統と文化をなんとしてもお守りしなければなりません。皇室も守っていかなければなりません。

日本文化は家族のつながりを守る文化

日本では、家族のつながり、きずなが大切にされてきました。家族は、人間社会に道徳を継承するための場です。教育勅語に「夫婦相和し、兄弟姉妹は互いに助け合い」とありますが、まさに、家族の絆こそが道徳や文化の基礎なのです。この家族というものを否定しようとする集団があります。彼らがやろうとしていることが、「選択的夫婦別姓法案」「外国人参政権法案」です。この法案が成立すれば、日本社会はボロボロに壊されます。夫婦別姓とは要するに親子別姓なのです。家族の中に名字の違うものが混在するおかしな家の姿をあたりまえにしようとするものです。一枚の布切れでもそれに「ぞうきん」と名付けるか、「タオル」と名付けるかで、その布切れの運命は変わってきます。人間の名前をこのようなバラバラのものにしていく法律が何を目指しているか明らかです。それはバラバラの個人が存在するだけの社会であり、かつて共産主義や社会主義が理想とした社会の姿です。そこには道徳や伝統や文化がありません。祖先から受け継ぐ美徳もありません。まさに日本は滅び去るのです。そこに「外国人参政権」が出てきます。異質な外国文化を主体にした選挙がなされ、日本は次第に破壊されて日本の国土は日本のものではなくなります。いま、日本文化そのものが破壊されようとしています。多賀大社では、こうした危機から国民が守られるようお祈りを捧げてまいりたいものです。
一の宮、パワースポットの真実

スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。