スポンサード リンク

諏訪大社 創造と発展のパワーで柱を立てる神

諏訪大社は長野県諏訪市の神社で、上社と下社があります。上社本宮が特にパワーが充実しています。七年目ごとに行われる御柱祭が有名なように、この神様は、人生や事業や運勢に柱を立てて下さる神様です。まるで無から有を生むように、その人の中に柱を立てて、運勢を立て直して下さるのです。祭神である建御名方神(タケミナカタノカミ)は、国譲り神話に登場して、建御雷神(タケミカヅチノカミ)と、競ったのち、この諏訪湖に定住しました。その妃神ヤサカトメノカミが下社の祭神となっています。長野県にはいろいろな中小企業がありますが、諏訪大社は、その創造発展のパワーの源になっているのです。
一の宮、パワースポットの真実

諏訪大社記事一覧

諏訪氏は、信濃国諏訪地方の領主で諏訪神社上社の大祝(おおほうり)を代々にわたり司りました。諏訪明神をお祭りする神職を出す家だったのです。その出自は出雲神話の神・建御名方神(タケノミナカタヌシ)に始まると伝わります。武田信玄は諏訪氏の娘を側室にしましたがその子が武田勝頼となります。武田信玄の父は武田信虎といいます。武田氏は、新羅三郎義光にはじまる「甲斐源氏」の直系です。武田信虎は、14歳の若さで家督...

信濃国一の宮である諏訪大社は、上社の本宮と前宮、下社の春宮と秋宮がありますが、上社本宮がもっともパワーが強く、参拝には上社本宮と下社秋宮を併用されると効果的ですその中でも上社本宮がやはり中心なので、一ヶ所に絞るなら、上社本宮です。上社本宮は長野県諏訪市にあります。諏訪大社のパワーは、無から有を生むとされ、会社の創業や物事の創始に際して絶大なご守護があるといわれています。会社をはじめて創業するなら、...


スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。