スポンサード リンク

三輪明神〜大神神社(おおみわじんじゃ)

催眠

大神神社(おおみわじんじゃ)は、三輪明神として知られ能楽の謡曲「三輪」にも謡われています。三輪山を御神体とするもっとも古い祭祀の形式を今に伝える神社として知られています。本殿はなく、拝殿から三輪山を拝むという様式になっています。古くから酒造り、薬業、医業の神として知られていて、病気平癒や名医との縁結びなどを願ってたくさんの人が参拝におとづれます。主祭神である大物主大神(おおものぬしのおおかみ)様は、もののけを払い封じ込める神として、古来より崇敬され、さまざまな怪異、妖物、魑魅魍魎を邪気払いし、霊障封じ込めの霊威を発揮されます。大神神社の神域を整えられたのは第十代崇神天皇様です。この時代に国内に疫病がはやり、犯罪が多発し、国民が疲弊していたのを憂慮され、日夜、天皇が神に祈りをささげていたところ、大物主大神が現れて、三輪山のふもとに社殿を整えて、大田田根子(おおたたねこ)に祭祀させるように夢告したのです。さっそくそのようにすると、疫病をはじめとする国内の混乱は鎮められ、国の平安が回復したのです。

三輪の神は、人間生活万般を守護

国づくり、産業推進の神なのです。現代でも製薬会社を筆頭に、さまざまな中小企業の経営者や重役が、三輪に参拝に来ています。もうひとつ、男女の恋愛の結びにも霊験が高く、縁結びの神としても有名です。大和の国の一宮である大神神社は、縁結びから病気平癒、もめごとや騒乱の解決、もののけの調伏、経営や資金繰りなどの財徳にいたるまでの広い神徳で庶民を守り、国を救う大きな働きをなさる神様なのです。そして皇室が危機に瀕するとき、これを助け守る神でもあるのです。男系継承を必ず守ることが日本の存亡の鍵です。皇位継承について国民が正しい理解を持ち、父系の継承つまり父親をたどると初代神武天皇につながることが重要性を理解するよう、三輪にて祈願しましょう。旧宮家が皇籍に復帰できることが日本を救います。悠仁親王殿下のまたいとこは五名存在し、明治天皇の孫と昭和天皇の娘が結婚して生まれた子孫たちなのです。
一の宮、パワースポットの真実




スポンサード リンク



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。